かびまるブログ

日常の楽しいをゆるっと更新

【東京マリオットホテル結婚式レポ②】~ヘアメイク準備・親族紹介編~

こんにちは。
かびまるブログをご覧下さりありがとうございます。

f:id:kabimaru:20200204210817j:image

 前日は東京マリオットホテルに宿泊したおかげで、ゆっくり当日の朝を迎えることができました。

www.kabimaru.work

 ついに結婚式当日。

楽しくて、幸せであっという間に時間がたってしまい記憶が曖昧な部分もありますが、ゆっくり振り返っていきます。 

かけがえのない1日がスタート

2019年11月某日
かびまる夫婦にとって特別な一日が始まりました。f:id:kabimaru:20200204211213j:image

予報で晴れと知りながらも、実際にカーテンを開けるまでは「晴れていて!」と祈っていたことを思い出します。


前日に朝食用で購入したおにぎりと味噌汁飲みながら準備をしていました。
と言ってもヘアメイクをお願いしているので普段に比べると格段に早く準備が終わります。

※ドレスを着るから朝食を抜きにするは絶対ダメ!式中腹ペコで耐えられません

 かびまるの場合、普段使い慣れていない化粧品は肌が荒れてしまう為、リハーサルの段階でファンデーションは自分でしてくるということになっていました。

メイクさん曰く、新婦はライトが当たっていたり、少し遠くから見られることや写真を撮られることが多いのでファンデーションも厚塗りくらいがいいと言われました。

 

なぜかというと薄付きの場合、アクセサリーやドレスが華やかなのに対し顔が負けてしまい表情が暗く見えてしまうそうです。

 化粧水・乳液・下地・リキッドファンデーション・パウダーファンデーションで普段以上にしっかりカバーしていきました◎

 その他に、当日使用して欲しいと思っていたシャドウ等のアイテムも持参しました。f:id:kabimaru:20200204212746j:image

(3CEアイスイッチ、MISSHAシャドウ)

ヘアメイクはとことんこだわって!

ヘアメイク担当の方は本当に細かく要望を聞いてくれます◎
少しでも気になることがある場合は後悔しないためにも絶対に伝えた方がいいです!

■実際にお願いしたこと
・瞼、涙袋のアイシャドウはキラキラさせたい
・アイラインはたれ目っぽく
・髪のトップは極力盛らないでほしい

 人によってこだわりのポイントは違うと思いますが、ヘアメイクの担当さんは希望に添うよう一生懸命試行錯誤してくださるのでとっても頼もしかったです。

 準備が終わるとカメラマンの方が控え室に来てくれ、準備風景を撮影してくれます♪f:id:kabimaru:20200210221610p:image

 ちなみにかびまる夫婦はファーストミートを行う為、別々の控え室を用意してくれていました。f:id:kabimaru:20200210221624p:image

前撮りもあったので、かびまる夫がドレス姿を見るのは初めてではありませんでしたが、それでも式当日の姿はグッとくるものがあったそうです。

(お互い涙は出ませんでしたが笑)

f:id:kabimaru:20200210221647p:image

天気が良かったら写真映えする庭園がオススメ

2人揃ったらホテルに隣接する庭園で写真を撮りました。
緑が生い茂る庭園の中でウェディングドレス姿の写真を残すことができて本当に嬉しかったです。

f:id:kabimaru:20200210221705p:image

 挙式への往復も庭園を利用しますが、ドレスを持ち上げて歩いているだけでも必死なの為、庭園での撮影を考えている方は落ち着いてできる挙式前がオススメです◎

 かびまる夫婦は天気がよかった為、庭園含む屋外で撮影しましたが希望があれば他の場所でも撮影できると思います♪

 9月に撮影したスタジオリュクスでの前撮りと違ったイメージのウェディングドレス姿を撮影することができてとても満足です♪ 

親族だけでゆっくり撮影できるチャンス

 外での撮影が終わったら、新郎新婦それぞれの親族待合室へと移動します。

 親族でゆっくり写真が撮れるのはこの時だけだと思います。体感で5分ほどの短い時間だったと思いますので、限られた時間の中でテキパキ撮影を進めていくのがポイントです!

なんなら、誰から撮影するか順番を決めておいてもいいくらい。

大好きな家族と大好きな人の家族

f:id:kabimaru:20200206194715p:image

それぞれお披露目が終わったら、お互いの親族と対面で親族紹介へと移ります。

 親族紹介のやり方は2パターンあります。

・代表者が全員分を紹介する方法
・自分で自分を紹介する方法

 

恐らく、代表者が紹介する方法をイメージする両親が多いと思います。
父が紹介するつもりで準備をしていたのに、実際は自己紹介制だった…とがっかりしないように紹介方法は事前に家族で話し合いが必要だと思います。

 以前、かびまる姉の結婚式で父が代表者として紹介するはずでしたが、あまりの緊張で親族の名前が飛んでしまい、隣で母が続柄と名前を囁くという事件がありました(笑) 

 

そのためかびまる夫婦の場合は、自分で自分を紹介してもらうことになりました!

 とっても穏やかな雰囲気で幸せな空間でした✿

 親族紹介が終わったら別室にて集合写真を撮影してもらいます。

 

式の中で親族とゆっくり過ごせる時間は少ないですが、自分の親族と新郎側の親族が一同に集まる機会はもう一生ないと考えると、とても特別な気持ちで過ごすことができました◎

親族での集合写真を撮影したら、すぐにチャペルへ移動します✰

 

では、次は挙式リハーサルについて更新します!

www.kabimaru.work