かびまるブログ

日常の楽しいをゆるっと更新

【東京マリオットホテル結婚式レポ③】~挙式リハーサル編~

こんにちは。
かびまるブログをご覧下さりありがとうございます。

 

f:id:kabimaru:20200207120934j:image 新郎新婦が当たり前にこなしている挙式も実はリハーサルがあります。
東京マリオットホテルも同様にリハーサルを行いました♪

チャペルまではドレスを持ち上げての移動

 親族集合写真を撮影したら、ホテルから少し歩いたチャペルに向かいます。
※ちなみに式場に早く着いた参列者ともすれ違う為、挙式まで絶対に見られたくない!という方は予めプランナーさんに相談したほうがいいです!

 

f:id:kabimaru:20200210220529p:image

 かびまる夫婦もまさか遭遇するとは思っていませんでしたが、そこしか道はないので今思えば当たり前かと納得。


特別見られたくなかったとは考えていなかったので、「また後でね~」と話ながら向かうことができて、もはや楽しかったです♪

そして、ホテルから少し離れたチャペルまではドレスを持ち上げながら自力で向かいます。

 

f:id:kabimaru:20200210220859p:image


介添えさんや他のスタッフの方も手伝ってくださりますが、雨の日は傘を差しながら移動ですし、風が強い日はヘアスタイルが崩れそう…と少し心配になりました。 

挙式の予行練習とは?

かびまる夫婦だけだったのか、出番的に必要なかったからなのかはわかりませんが、リハーサルは新郎新婦・新婦両親・リングガール(姉・姪)のみで行いました。f:id:kabimaru:20200206214342j:image

 リハーサルは入場の仕方以外にも、

「ここでは新郎の腕に添えて」「ここでは姿勢を意識して」など綺麗に見えるコツも教えて頂きました。

実際、本番ではリハーサルで教えて頂いた挙式の順番はすっかり忘れてしまいましたが、綺麗に見えるコツだけは意識することができたので教えてもらっていてよかったです。

また、順番を忘れても牧師さんがその都度案内してくれるので、心強く本番を迎えることができました。

f:id:kabimaru:20200207120703j:image

 

そしてメインのリングガールも眠そうながらきっちり練習を終えることができました。


f:id:kabimaru:20200206214635p:image

 

こうして、入場から退場までの一連の流れを確認したら、チャペルの入り口奥にある控え室へと移動します。

 

参列者がチャペルへ入ってきたら、もうそこからはあっという間。
新郎が入場準備に入ると、控え室には新婦の自分と父親のふたり
短い時間ですが、改めて感謝を伝える方も多いのでしょうか?
かびまるの場合は極力泣かないようにしていたので、あえてこの場でありがとうと伝えることはなかったです。でも、父の立場からしたらこの機会に感謝を伝えられたら感動することは間違いないですね♪

 

では次はいよいよ挙式本番です。 

www.kabimaru.work