かびまるブログ

日常の楽しいをゆるっと更新

【東京マリオットホテル結婚式レポ④】~挙式本番・歩行器リングガール・ファミリーオースセレモニー編~

こんにちは。
かびまるブログをご覧下さりありがとうございます。

 

f:id:kabimaru:20200210220037p:image  今回は挙式での流れについて更新します!

いよいよ挙式本番

牧師さんの後を歩くかびまる夫、とっても緊張したみたいです。

f:id:kabimaru:20200210220057p:image

 へらへら歩くのかなぁと思っていたのですが、あとから写真や映像を見ると1人でもしっかり前を向いて歩いていたので頼もしいなと思いました。

f:id:kabimaru:20200210220118p:image

打って変わって新婦は入場からヘラヘラしてたので、もっと緊張感を持った表情で入場すればよかったと少し反省。

ベールダウンは母としての最後の仕事

花嫁へのベールダウンは意味がある事をご存知ですか?

ベールには魔よけの意味があり、花嫁を守る盾のようなもの。
「新郎のもとに辿り着くまで花嫁を邪悪なものから守って欲しい」という意味がベールには込められているそうです。
そんなベールを下げるのが “母親が手伝う最後の身支度”となります。

 

ベールダウンの意味をマリオットホテルのブライダルフェアで担当してくださった方が教えてくれました。
すでに有名だと思いますが、かびまるは知らなかったので教えて頂き大変感謝しています。

意味を聞いただけでも泣けますし、結婚式って流れ作業のようにこの後はこれをやって…と、どんどん進んでいきますがそのひとつひとつにちゃんとした意味があるのだなぁと当時そんなことを思っていたことを思い出します。f:id:kabimaru:20200207183732j:image
その意味を知っていたからこそ、短い時間のベールダウンも大事な気持ちで挑むことができましたし、新郎が行うベールアップもより一層、気持ちが入りました。

 ちなみにベールダウンを行う場所は2つあります。

・入場前の控え室で行うパターン
・入場後バージンロードの手前で列席者に見守られながら行うパターン

 かびまるは式の中で母と2ショットになる機会がなかったのと、控え室で行うと感情が高まって涙が止まらないと思い入場後に行いました。

東京マリオットホテル初の歩行器リングガール

バージンロードを歩ききった後で、リングガールの登場です!
産まれた時からお願いしたいと思っていたのですがまだ生後半年✿
自分で歩くことはできないので、歩行器にロープをつけて引っ張って運んでもらいました♪

f:id:kabimaru:20200207185416p:image
(補助:姉)

 マリオットホテルでは今まで歩行器を利用したリングガール・リングボーイは行ったことがないそうで、どの場面で登場してもらうか、ロープはどうやって新郎新婦まで届けるか、などをプランナーさんが沢山試行錯誤してくれました。

おかげで大成功!
みんなから可愛い~~と沢山声をかけてもらえて叔母大変満足です。f:id:kabimaru:20200207185928p:image

その後、誓いの言葉や結婚証明書への署名、指輪の交換、誓いのキスなどの流れになります。

もしかしたら世間の順番とは違うかもしれませんが、やりたかったリングガールの演出を精一杯手助けして下さったマリオットブライダルサロンの皆様には感謝です。

ファミリーオースセレモニーとは?

 人前式の中で行われる「家族と家族の結びつき」を表すセレモニーです。

夫婦になると同時に、新郎は新婦両親にとって息子となり、新婦は新郎両親にとって娘になる。新しい家族の誕生を表しています。

 

f:id:kabimaru:20200207190726j:image

 あまり知られていませんし、かびまる自身も見たことも聞いたこともありませんでした。

しかし、東京マリオットホテルではプランナーの方からどうされますか?と声をかけて頂き、知ることができました。

家族の絆の表し方は式場やそれぞれの家庭で異なるかと思いますが、マリオットでは新郎新婦とそれぞれの両親が手をひとつに重ねることで表していました。

 

f:id:kabimaru:20200210220144p:image

退場・フラワーシャワー

ファミリーオースセレモニーが終わると退場となり、フラワーシャワーもこちらで行われます。f:id:kabimaru:20200210220227p:image

 東京マリオットホテルのチャペルでは参列者との距離が近く、とてもアットホームな雰囲気で挙式を行うことができました。

 入退場の時も友達や親族の顔がハッキリと分かるので緊張も和らぎました◎

 

次は、記念撮影とブーケトスについて更新します!

www.kabimaru.work